アクセス解析
レンタル掲示板
山日記 アニメ感想
プロフィール

山鳥 

Author:山鳥 
SS書いてます。
連絡は★を@半角で。hcv-197-yama★hotmail.co.jp

最近の記事

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近のコメント

Powered By FC2

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSフィード

FC2カウンター

山日記
Key作品の二次創作SSなどを書いてますが主にアニメ。HPもよろしくお願いします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺妹がこんなに叩かれるわけがない
嘘かも。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第8話 俺の妹がこんなにアニメ化なわけがない 6点
 ひょう! すげえ評判悪いぜ!
 まあそれも大変良くわかる話。話としてどうかというと、出来は良くないと思うんですよ。降って湧いたような非現実的な話で、現実のアニメ製作の話を皮肉ろうというのが良くない。お兄ちゃんが土下座って流れも、うーん。ワナビの嫉妬醜いですぅとかそういう話をしようってのにこのファンタジーな展開は心地良くはない。
 ところで、俺妹はアニメとしては非常に恵まれてると思うんですよ。宣伝も潤沢で作画も良好、脚本だって(想像ですが)相当アニメ化に際して手が加わってるとこかと。叩かれるの覚悟でエロゲーとか出してますし。
 そんな俺妹アニメが、桐乃や黒猫がキャッキャしてれば叩かれなかったのに敢えてこんな話をやろうと考えた。そこは骨っぽくて鼻息荒くて、僕は評価に値すると思います。改めて誰かが言わなきゃいけない、というか僕が誰か言わねえかなあ、と思ってたことそのまま言ってくれた。

 いや、この第8話は「黒猫に叩かれる桐乃を悲しませるアニメ」そのものだと思うんですよw 粗製濫造されるやる気の無いアニメ、製作のシュミや都合で改変される原作。この製作のシュミそのまんまなんてまさにソレでしょう。京介が桐乃の小説アニメ化案に対して言ったように「俺妹」でやらなきゃいけない理由はどこにもない。だから叩かれるのは織り込み済みでしょうし、叩くなとも言いません。だって叩かれて然るべき話だと思うから。
 それでも敢えて泥を被ってくれたのは、作中の、嫉妬心を暴露した黒猫や根性の悪いオトナに頭を下げた京介と重なって見えすらします。
 一般論として、見るに耐えない原作のダメさに目を瞑って流れ作業でアニメにするのも、アニメ化にあたってアニメ化に耐えうるよう再構成して、なるべく良いアニメにしようというのも、製作に金や時間を投入するのも、誰かしらが割を食うんですよ。その結果、三方一両損みたいなアニメが流され続ける。じゃあどうすればいいのさ? というと、作る側が桐乃みたいな「アニメファン」が喜んでくれる、夢見させてくれるアニメを誠実に作ってくしかないんだよ。と、制作側にブーメランする終わりになってる。そんな感じ。

それでも町は廻っている 第8話 全自動楽団 7点
 毎回毎回人間の気配がしなくて恐ろしいんだけど、今週はちゃんと生きてた。珍しく。
 人の動きや掛け合いがすごく自然でした。軒先のビニール屋根(?)引っ張って水が落ちてきたり、うどんの自販機に夢中になったり、大雨で人が居ないのをいいことに裸で歩きまわったり。そんでうどんが案外おいしくて夜中にジャージで食べに来ちゃうとかリアルでいいですね。ノーパンノーブラと思わせといてのオチも秀逸。
 Bパート。バンドはバンドでも適当さが酷い。すごく学園祭らしい。
 それで、学園祭の後日ってなかなか誰も描かないんですよね。そこに視点を持ってこられるのは鋭い。メイズみたいのが許されるカオスな祭りの痕跡はどこにもなくて、整然とした、歩鳥が遅刻する、まさに日常。このアニメの視点の鋭さには驚かされます。自販機もそれのひとつ。
 ところで、毎回、以前起きた出来事が登場人物たちの共通の話題、共通の経験として話に上ってますよね。なんのことだか分からない話も、作品として描かれてはいないものの、描かれたことと同列のものとして語られる。その自然さはなかなか見ないですよ。
 そういう点をシャフトの演出が壊してやいないか、とはちょっと思うけど。
 
スポンサーサイト

テーマ:俺の妹がこんなに可愛いわけがない - ジャンル:アニメ・コミック

神のみぞ知るセカイ 第7話 Shining Star
神のみぞ知るセカイ 第7話 Shining Star 7点
 光の演出が際立ったお話でした。
 明滅する白色電灯の光と、不気味に落ちる影。会場から空へ向けて伸びる美しい光の帯。そしてステージから望む、暗い会場で無数に輝く小さな星たち。
 この光や色彩といった効果は殆どアニメ限定のもので、見せられた瞬間の高揚感は何物にも代えがたいものがあります。かっ、感動した!

 今までのヒロインは、神さまの事を忘れてしまうことでお別れになったんですけど、かのんちゃんは毛色が違う。
 誰かに見ていて貰わなければ消えてしまう存在、というのは、いつかの糞ゲーのヒロインと一緒。現実のアイドルもまた、偶像ってなその通り常に誰かに認めて貰えないと存在できない。そういう意味で二次元と親和性が強いとも言えましょう。神兄様の言う「彼女はアイドルじゃなく、自分で輝くスターになったんだ」という言葉はすごく綺麗にハマっていてワロタ、じゃなくて、鑑賞してくれる誰かを必要としない、一人間として歩いていけるようになったかのんは、偶像ではなく現実の人間となった。だから神の手を離れていく。
 まあその、「苦悩につけ込む」のが攻略の常套手段であるギャルゲーに対して、苦悩が晴れたらもうプレイヤーは要らないよね、という当たり前な話のようでそういえば殆ど誰もやらなかった。これは一般的なギャルゲーの踏襲じゃない、神のみオリジナルなシナリオだったのかなと。
 

テーマ:神のみぞ知るセカイ - ジャンル:アニメ・コミック

王女の身代わりって原型とどめてないよな、あとざくろとか感想。
おとめ妖怪ざくろ 第6話 うち、猫々と 6点
 テンプレな嫌な奴はただ登場するだけでゲンナリするからやめて欲しい。メインキャラが相対的に丁寧に描写されたとき、そこに作り手の作為が露呈して興ざめします。適当な妖怪も一緒。
 それは置いといても、ラブコメ/ロマンスとしては中々上質。男の立場と女の立場を単純に逆転させた、守る-守られるという単純な関係に落ち着かないのがいい。
 ヒロインが二人の男の間で揺れるのは少女漫画ではよく見かけますけど、あからさまに「ツンデレ」というか、総角が気になってるのに意地張って別の男に気がある素振りをして見せるざくろは特異的。男性向けでそういったヒロインが殆ど存在しないのは言うまでもないでしょう。
 ざくろと総角の関係はその点で特異的とも言えて、惚れた腫れたの機微を描くにあたってはすごくよく出来てる。
 例えば女中の「ざくろさんは知らないかも知れませんが、総角はこんなに優しい」というセリフは、自分が総角と長い付き合いであることのアピールで、そういうイニシアチブの取り合い、会話のつばぜり合いみたいなものは、ラブロマンス最大の見せどころでしょう。
 こっちの方面で伸びてくれると嬉しいんですが。

探偵オペラ ミルキィホームズ 第6話 王女の身代わり 8点
 カットあたりの情報量が図抜けてる。ネタを詰め込めるだけ詰め込んで、それも工夫無く垂れ流すんじゃなくて演出でちゃんと拾いやすく見せる。かといって流れを停留させるような野暮は全くしない。そんでもって、ギャグに脈絡があって唐突な印象が不思議と無い、と。半端なパロディは瑕になりますが、メジャーもマイナーも取り混ぜて、分かる奴だけ分かればいいと作風に反してエラく挑戦的でストイックな態度なのもまた面白く。
 演出のやり口が往年の作品のパクリだから、作り手の意図が伝わりやすいんじゃないかな、とか考えてみたり。
 ぶら下がってないで手伝いなさいとか、傘に乗って階段を滑り落ちるシャロとか、幻影に差し伸べられた謎の手とか、円周率とか、謎のセンスを随所に感じます。あの式場に走るときバッ! と服を脱ぎ捨てて変身するとことか相当馬鹿らしいんだけれども、なんかもう些細なことですね。
 いやもう細かいこと言いっこなしで面白いからいいじゃんって気もしてきた。

百花繚乱 サムライガールズ 第7話 大日本を覆う影 6点
 ぐつぐつさんのアホキャラは何気に規格外だと思う。シリアスシーンの邪魔するなよ。危うく死ぬとこだったわ。

 半蔵さんはやれば出来る子だと思ってました。いやーほんと忠ですね! 忍び風情がマスターサムライに本当になれるのかどうかは置いといて、今週の半蔵さんにはモノノフの魂が宿ってました。ここでチューしてたら何かを諦めていたかもしれません。
 ご恩と奉公、主従の関係とはまた違った、千と半蔵の特別な関係を描けてたのがいいと思います。
 ただまあ今までと違って、急にテンプレというかありがちな話にまとまってしまったのが残念といえば残念か。普通のいい話は期待とはちょっと違う。


テーマ:おとめ妖怪 ざくろ - ジャンル:アニメ・コミック

よしよし感想書こうかな
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第6話 俺の幼馴染みがこんなに可愛いわけがない 6点
 地味に良かった。地味に。緑の普通のかぼちゃに麦わら帽を被せてる絵が既に家庭環境を表してる。牧歌的で間が抜けてておおらかで垢抜けなくて。いいね。地味に。
 桐乃のかまってちゃんぶりが上手く引き立っててよかった。大はしゃぎしてるのはある程度演技で、本当は構って欲しいんでしょ? ドタバタドタバタのオーバーアクションが可愛いったらないね。
 隣の芝が青いわけじゃないんでしょうけど、ひょうきんで和やかで、寛大な家。冒頭で「おばあちゃん」なんて言ってたのはウゼーなはいはい死ねボケ、としか思わなかったのですが、なるほど何か分かるような気がします。勝手知ったる人の家、淀みなく縁側で夕涼みしてたり、本当に田舎のお婆ちゃんの家にいるみたいな満喫ぶりで。
 なるほど、確かに他の男に盗られちゃったら困るだろう、と。このありがちな関係を、二人独自の距離感を描くことで特別なものたらしめたのはいいね。地味だけど。「客来るのー?」とか軽口叩く家同士の関係を随所で出てた。
 桐乃かメガネかどっちかが号泣するのが確定したと思うと胸が熱くなるぜ!

 で、次はメガネがオタクdisるってことでいいの? 俺の幼馴染みが桐乃を泣かせるわけがない。

神のみぞ知るセカイ 第6話 ワタシ平凡? 6点
 BOMB! と 凡? をかけてたりするのかひょっとして? なわけない。

 アイドルを攻略するときはストーカーか実存のお話と相場が決まっておる。今回はそんなありがちな「攻略され」をよく再現しててニヤニヤしちゃうなと。WHITE ALBUMだよね。12月24日のコンサートとか吹くわ。いや実際そういうもんなのかもしれないけどさ。
 あんなに影が薄くて居ても居なくてもよかったはずの自分が、幾多の犠牲を乗り越えた先の頂点に立とうとしている。自己不信と見捨てられ不安。一筋縄ではいかないでしょう。せっかく他のヒロインの1.5から2倍程度の時間を使うのだから、いっちょバッチリ決めていただきたい。
 ラストは大声援とスポットライトの中、最高の笑顔で歌って踊る彼女の姿が!
 そしてブラウン管の向こうに消えるヒロインっていうのはなかなかもの哀しい。いつか桂馬を忘れて、彼女も忘れられて……3次元の偶像は二次元の偶像よりもずっと脆くて儚いんだよ。

 あ、あと悩みがないと攻略できないっていうのはジレンマだよね。シナリオの盛り上がり的に壁がなきゃいけない。かっ、悲しいな!
 

テーマ:俺の妹がこんなに可愛いわけがない - ジャンル:アニメ・コミック

慣れって怖い
FORTUNE ARTERIAL 第5話 鍵 4点
 実行委員長として滅私奉公で体育祭に望み、その姿勢と成功によって生徒らに認められることで、生徒会の証である鍵を受け取る主人公。
 かつての主人公と同じく傍観者であり、しかし傍観者に徹し切れず、主人公に心を開き始めるヒロイン。
 こういう流れはいいんだけども、例えば「みんなで一つのことを成し遂げる楽しさ」だとか「仲間たちの笑顔に感じた奉仕の喜び」とか主題を付けてもいいのに、なんだか実感を伴わない。描かれるべき得難い特別な気持ちっていうのはテンプレートの上には成り立ちにくいのと違うか。主題を導くには十分で、登場人物たちにとっては主題の通り得難い経験であっても、それだけではこっちからしたら特別でも何でもないってことなんじゃないかな? どうだろう。
 それぞれの考えや論理の根っこがブラックボックスに入ったままなせいか、理解とか共感とかに至らないというのがここまでの大筋の感想。個別ルートに入ればまた違うのかも知れない。

えむえむっ! 第6話 騒乱だらけのマイホーム 5点
 女の子がコスプレして扇情的なカットやシチュや過激なセリフを散りばめ、コメディ色の強いデフォルメされた人物たちが面白おかしいことをする。そういう王道のラブコメに徹すれば楽しく見られるくらいにはなるんですけどね。それでなにか目新しい部分があるかと言えばないだろうし、コメディ用に大袈裟に描かれたキャラの性質を真面目な話に持ち出すことに引っ掛かりはあるものの、まあ前述の作品として見れば十分成立してるので、そういうもんかな、と。
 目新しいと言えば、会長というアクの強いメインヒロインがいるので、てっきり嵐子は第一部ゲストキャラ的な扱いだと思ってたんですけど、なんか普通に主人公とくっついちゃいそうね。ダブルヒロインの比重というか、パワーバランスがあんまり記憶にない形。
 あ、体液は普通にばっちいと思いました。

百花繚乱 サムライガールズ 第6話 襲い来る、海の怪物 6点

 ま  た  白  濁  液  か

 しかも触手かよ。もういいよお、好きにやってくれよお。
 うん、やっぱこの絵柄でサーバーとか言われると笑っちゃうよね。パンツとか全裸とか平気なのにチューひとつで猛烈恥ずかしがったり、結婚の話にびっくりしちゃったり、こういうギャップを楽しむラブコメなんだと先週気がついてからは大変楽しく落ち着いて観られてます。
 触手でどんな酷いことになるかと思えば案外大したこと無くて拍子抜けしちゃったりさあ、上手いことこっちの身構えたところを外してくる、この感覚は楽しいですよ。呼吸が合わない。

 ・幸村の分析力にビビる。さすが軍師だな。男は女性の流行なんか気にしないってね。
 ・半蔵便利だ。
 ・千さんはまったく乙女で嫌になっちゃう。

 キャラクターコンテンツとしてもいける。

探偵オペラ ミルキィホームズ 第5話 かまぼこ失踪事件 6点
 この辺で作画がヘタレるのもまた様式美でしょうか。
 怪盗帝国の方がカッコいいわトゥエンティはいつにも増して美味しいわ、G4は早速G3になってるわ、キノコネタが定着してるしエリーの百合キャラもアレだし、ネロだけ百合成分が存在しない食い気キャラなのがまた一服の清涼剤っていうかネロ可愛いし、もういちいち反応してらんないっすね。あー楽しいな。
 

テーマ:FORTUNE ARTERIAL 赤い約束 - ジャンル:アニメ・コミック

オタクとしての矜持とは言わんがな
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第5話 俺の妹の親友がこんなに××なわけがない 6点
 桐乃は甘ったれなんだと思うんですよ。例えば兄貴であり、黒猫・バジーナであり、悪く言っても嫌いにならないでくれると分かってる人には甘えてしまう。友達に兄貴を貶されても何も言い返さない桐乃だが、黒猫には平気で厨二病厨二病言えると。そういう風に人によって接し方を変える子なのかもしれません。
 黒猫たち貶してまで嫌われたくないならオタクなんて辞めちまえよ、とも、そんなに無理して好かれるようにしなきゃいけない友達なんか捨てちまえよ、とも言えるでしょうけど、それができない。嫌わないでくれる人以外にはいい顔をしちゃう。そういう意味で、この話で初めてあやせと友達になれた、なんてことも言えるでしょう。あきらめないで話し合ってみようぜ! と。

 しかし現実に通用する理屈がどうこうという話には至らないところですかね。報道が偏見を生むというのは真実でしょうが、多数の偏見におもねって報道がなされるという面は多分にあって、理路整然と説明すれば分かってもらえるというのは無理な話だと思います。
 あんまり言いたかないけど、あやせが報道に惑わされた無垢の人という描き方は、メタな視点を取り入れようという意図があるにしては現実から乖離してます。オタクや性描写への嫌悪と偏向報道による思い込みは別次元のものではなく、偏向報道を盾にして自分の張ったレッテルの正当性を保障しているというのが実際じゃないでしょうか。自分の考えこそ大切で、本当は理屈なんかどうでもいい、と。僕は常々そう感じています。真実は知らない。
 あと、妹の友達との喧嘩に兄貴が口を挟むのはいかがなものかとも考えたのですが、兄貴の行動原理は割かし一貫してるのかな、と思ったので。
 簡単に言えばこのお兄ちゃんは、「桐乃」が損なわれるのが耐えられないんじゃないかなと。父親のときはオタクなんて糞食らえみたいに思っていながら、「明るく優等生な桐乃」と「オタクな桐乃」がどちらも等しく大切な桐乃であると認識したとき、代わりに立ち上がって父親と戦った。
 今回は(どの辺を気に入ってるのか理解しがたいものの)、あやせは桐乃にとって欠くことのできない大切な友達なんだと、桐乃の荒れっぷりを見て分かって、それで汚れ役を買って出る。そしたら、前お兄ちゃんが語ったことを桐乃が語り始める。大きくなったな! 桐乃!
 話としては父親の時の方が断然上手いといえばその通り。深刻さが随分違うし、自己愛過剰(私の選んだ理想の親友が汚らわしいオタクなんて存在なわけがない)な怖い人に絡まれてる感じだもんな。

 こんな完璧な女の子があなたの思う本当の桐乃なの?
 そうそう、その通りよ!

 というやり取りにすさまじい狂気を感じた。理想像を友達に押し付けるのが中学生らしいと言えないでもないけれど、こう迫られてここまでハッキリ答える奴は初めて見たぜ!
 「レッテル張り大好きな一般社会代表」という立場が与えられてるのが見て取れて、キャラクターとしても微妙よね、この子。しかも現実ではまず見かけないくらい病的。どの辺に親友で居続けたいと思える部分があるのか結構謎だ。超怖いよ!

それでも町は廻っている 第5話 実に微妙な辰野トシ子 7点
 閑散として生気のない街並みがシャフトっぽいと言えばそれまでなんだけど、実に異様な雰囲気を醸し出してた。
 あれだね、歩鳥さんはちびまる子的なヒロインだね。弟さんとエビちゃんは素晴らしかった。小学生カップルはおいちゃんの心の栄養やで!
 やっぱあの話で背景があの町ってのがすごいミスマッチだよね。猫先輩とか、人がどこからともなく湧き出てきたような印象ですよ。それともなんか意図があるのだろうか?

神のみぞ知るセカイ 第5話 IDOL BOMB!! 6点
 エルシィに完全に食われてた。なんだこいつ超絶可愛い。頭が悪くてミーハーですごく可愛い。
 あきらかに省力回なんだけど魅力は落ちないのう。ピンク髪、メガネ、黄色い大きなリボン、アイドル、僕って何? さらには謎の不可思議現象と、レトロな記号で揃えてきましたね。
 神さまのオタクとしての一貫性は桐乃に足りないものだな。美形に生まれるとそういう迷いが生じるのかも知れない。いやーブサイクでよかった。神さまも美形だけど。
 

テーマ:俺の妹がこんなに可愛いわけがない - ジャンル:アニメ・コミック

ざっくばらんな感想
探偵オペラ ミルキィホームズ 第4話 バリツの秘密 7点
 教養が浅すぎて全てのネタに反応することが叶わなかったのが悔しい。ツッコミ不在だと視聴者の負担がでかいぜ!
 空飛ぶシャロを見たときに大きな郷愁が胸を襲いました。これはもう全員飛びうるな。そろそろ戦隊ネタが入ってもいい頃です、はい。小衣とっても可愛いです。
 なー。小衣をボコボコにしたのはネロってことでいいんですか? 加減を知らないところとか大変ロリっぽくてステキだと思います。ネロ回まだー?

FORTUNE ARTERIAL 第4話 新入り 4点
 白ちゃん可愛いですね。
 そのうち明かされるのは分かるけど、副会長が学園生活至上みたいな、学校という枠に拘泥する理由が分からんから無茶言ってるようにしか見えない。それに感化される主人公もどうか。他のヒロインも含めて、それぞれの行動は後々そういうことだったのか! という伏線になってるんだろうけど、面白くはない。

とある魔術の禁書目録Ⅱ 摩滅の声 6点
 俺、狂信的な敵とか結構好きなんだよね。政治的な駆け引きとかも燃える。
 万年筆2本を常時携帯してるのはどうかと思うけど最後も熱い。頭の悪いザコを退治してもバトルは盛り上がらないんですよ。ちゃんと強くてしっかりした敵を用意していただきたいものだ。

おとめ妖怪ざくろ 第5話 わな、粘々と 5点
 おう、ラブコメというか、文明開化の時代のロマンスはいい感じよね。妖怪退治の方向は古いが。

テーマ:探偵オペラ ミルキィホームズ - ジャンル:アニメ・コミック

キャラクターの自走とかそんな感じ
神のぞ知るセカイ 第4話 今そこにある聖戦 8点
 僕の中である地平に達した気すらする。
 桂馬は色々あって実在する女の子を「攻略」していくわけだけど、それは見方によれば、現実の人間をゲームのキャラクターと等価に扱う振る舞い。それはリセットがかかるというゲームを模した仕掛けがあるからヒロインの問題にはならないんだけど、桂馬については(あるいはそれを強いるエルシィについては)、他人に接する態度として心情面で疑問があったんですよ。それが今回で解消された。つまり、桂馬は3次元の恋しい人と同じレベルでゲームのキャラクターに接していたのか! と。
 空はおおよそ人間らしからぬ(笑)不気味に浮いた音声、同じトーンで同じ言葉を何度も何度も繰り返す、愛着なんぞ持てっこないような糞ゲーのヒロイン。彼女は「自分の絵を見てくれるか?」とプレイヤーに投げかけ続けるわけです。
 さて、一般的なギャルゲーマーの中で、本当に「絵を見たい」と思ってその選択肢を選んでいる人はどのくらいいるんでしょうか? 「攻略」の上で重要なフラグであることが明らかだからと選んでやいないでしょうか?
 桂馬は、繰り返し繰り返し、空がたった一人で立ち尽くす美術室を訪れます。誰も見たことがない彼女の絵を見ようと。難攻不落の糞ゲーを攻略して名を上げたかったわけではないでしょう。Wikiがそれを証明しています。ただ純粋に見捨てられた女の子の絵を見たいと思ったんですよ。
 いやもうゲームのために現実生活を棒に振ってる完全なアホなんですけど、しかし素晴らしいアホだ。そんな彼だからこそ「神」になれたのかなと。
 オタクとしても人間としてもカッコいいぜ! 輝いてるぞ、神様!

えむえむっ! 第4話 そんなこんなでカップルバカップル 3点
 風邪だろと思ってたら、あんまりそんな素振りがなくて風邪じゃないのかな? と思ったら実は風邪だった。
 好感度がどこで上がったのか分からんし雨の中病人抱いて走りまわるのもオススメしない。真面目な話はやめようや。

それでも町は廻っている 第4話 呪いの方程式 7点
 森秋先生のユーモアがすごかった。完全にキャラ食ってるぞこれ。
 猫先輩の謎の馴染みっぷり。時間軸がバラバラなのかね? それにしても人間の息吹の感じられない背景が無性に気になる。これでハルヒだったらどうしよう。無いだろうけど。

百花繚乱 サムライガールズ 第4話 ねえ、忠してよ? 5点
 とりあえずツッコミ入れてりゃ楽しいというのも4話が限界。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 俺が妹と夏コミとか行くわけがない 5点
 これは「中学時代こんな感じだったな」って懐かしむ黒歴史懐古アニメってことでいいの? ひぎぃ!
 

テーマ:神のみぞ知るセカイ - ジャンル:アニメ・コミック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。