アクセス解析
レンタル掲示板
山日記 昨日はラノベ・アニメDay。
FC2ブログ
プロフィール

山鳥 

Author:山鳥 
SS書いてます。
連絡は★を@半角で。hcv-197-yama★hotmail.co.jp

最近の記事

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近のコメント

Powered By FC2

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSフィード

FC2カウンター

山日記
Key作品の二次創作SSなどを書いてますが主にアニメ。HPもよろしくお願いします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日はラノベ・アニメDay。
 『乃木坂春香の秘密』 ×1話
 『狂乱家族日記』 ×2
 『我が家のお稲荷さま』 ×1

 をアウェーで見る。なんでこの三本がチョイスされたのかは分からない。なんで持ってるのかも知らない。

 つくづく思ったのが、
「時間あたりの情報量」
 という考え方がアニメを見る上でとても重要である、ということ。
 (受け手が得られた情報量) / (20分)
 みたいな式から充実度は割と導き出せる。文章だったら時間を文章容量に置き換えればいい感じか。
 ここで「説明台詞」はダメってことの説明が一つできる。説明台詞は、「時間と等価」の情報しかどう頑張っても与えられない。しかし、様々な描写に情報を織り込めば、例えば「表情」から「性格」のように、もっと多くの物事を伝えることが可能になる。
 それから、単なる「情報」ばかりが多いのも考え物。
 ペラペラしゃべられても付いてく気なくすだけですから。だったらごっそり無い方がいいってことがありうる。
 ついでに、これはもっと稀だが、結論と真逆の情報ってのがある。単なる矛盾。ダメ。


乃木坂
 品が無いです。男も女も。
 「本返し忘れちゃって、このままだとあたし恥ずかしいから、一緒に学校忍び込んでくださ~い」。
 オタクはかっこ悪くないけれど、性欲に釣られて使いっ走りになるのはかっこ悪いです。

狂乱家族日記
 ヤベ、俺これ好きだわ。見てると脳みそが疲れるアニメですねw
 ホントに乃木坂と同じ、ラノベ原作なのかと信じられない高密度である。文章でどうやって表現してるのか気になる。
 まず、設定からして面白い。なるほど、「家族」という場を作って書くのにこんな方法があったんですね。目からうろこが落ちました。その上に、最初の10分で新婚生活スタート、ゴチャゴチャなにか考える前に子供探しってテンポが、普通のアニメではちょっと考えられないスピード感密度感である。
 凶華さんがグイグイベラベラ喋ってくれるのが逆に気持ちいい。「一応知っとけ」って説明をザラザラと適当に聞き流させてくれる。毒料理の方があのシーンでは気になる。むしろ凶華さんのキャラクター付けとして機能してましたよね、あの場面。
 ライオンと黒の13番は並んで立ってるだけで笑える。
 キャラの名前は覚えきれないけれど、なんかもうそんなのどうでもいいんだろうなと納得できる。その割にシリアスな話を始めても十分付いていける。第2話にしてあの内容ができるアニメは稀有ですらあるかと思われますよ。
 「凶華さまは全知全能!」
 っていうのは決め台詞なんですね。コイツ面白いぞ。

我が家のお稲荷さま
 「体液が魔力の源」って言い出さなかっただけで評価に値すると思ってしまった。
 それはともかく、地味なりに味は出てるんとちゃう?
 あと、兄貴の存在意義が分からん。
 という、特に良くも悪くもないという感じなのに、この三作で一番つまらないと思えるのはひとえに中身のなさに尽きるかと思われる。水で感電させるって……ポケモンでもいまどきやらないんじゃね? 古典的過ぎるんだよな、色々と。



とある科学の超電磁砲 第8話 幻想御手<レベルアッパー> 4点
 見所が…ない。
 黒子さんが面白いのと、佐天さんが空元気っぽいところ。それくらいですか。初春は花がないと誰だか全然分からないとか、そんくらい?
・不良
 お前ら本当お金に困ってるんだな。二言目には金、金、金。生活保護も能力レベルに応じてるに違いない。
 お姉さまが金で釣ってるのもそういう弱みがあるからとしか思えん。お姉さまは金持ちだしな。
 『こんなところで話せるわけねーだろ』
 ネットで溜まり場書いてる奴が言うのはギャグにしか見えない。
・バトル
 姉御逐一ワロタ。『あたい』。ぜってー言うと思ったw
 物体の粘性を操る能力。ひょっとしてすごい便利なんじゃ。
 なんでお姉さまは鉄骨の位置が分かるんですか?
 と、疑問に思えるとこは説明してくれない。困る。
・謎の意識不明
 こんなに倒れてるのに情報掴むの遅いですね、ジャッジメント。

 真面目な話。
 パーソナルリアリティ。自分だけの現実。
 語の意味はよく分からないけれど、シュレディンガー云々言ってたのを見るに、可能性云々、つまりこれって「キャラなり」じゃないかと思う。信じる自分の可能性! である。なりたい自分にキャラチェンジ! 
 それと電気ビリビリとどんな関係があるのかは知らないが、亜夢ちゃんもよく空飛んでるしな。
 ともかくそっち側、アイデンティティ方面の匂いがかねてからすごいします。
 手垢にまみれたテーマで、しかも佐天さんが主役なだけに、キッチリカッチリやっていただきたい。のだけれど、正直ここまで見ると期待しにくさは感じる。
 だんだんしゅごキャラ化してるよな、このアニメ。キャストは絶対狙ってやってると思う。


しゅごキャラ! パーティー! 魅惑のキャラチェンジ! 7点
ぷっちぷち
 ダwwwwイwwwwヤwwww
 ホント面白いなこのアニメ。

本編
 ミキのキャラチェンだけ短くない?w
 まあ、キャラチェンしてもいつもの亜夢ちゃんでしかないんですけどね。それにしたって酷いだろ。ピアノ弾いてただけじゃん。不遇とかそういう問題じゃなくて、しゅごキャラとしての存在意義がだな。
 キャラチェンはマジ面白いからもっとやって欲しいです。ずいぶん久しぶりに亜夢ちゃんが面白可愛い。
 信じる「なりたい自分の可能性」。これはただ信じてるだけじゃダメで。
 亜夢ちゃんがいろんな「可能性」を手に入れられているのは、次は負けないぞって頑張れる人だからですよね。○も×もつけさせない! ような心の持ち主だから、いろんな可能性がある。否定からはなにも生まれないわけですよ。キラッキラだなあ。
 それを「りっか」という新キャラを通して再認識させてくれたのは、このアニメオリジナルとして意味があるかと思います。×タマ退治は別にいらないよね。これでいいと思う。

 しゅごキャラエッグバトルとかも最近楽しくなってきたよ。トトカルチョしたくなってくるよね。
 しゅごタマ占い! ランはハートのしゅごキャラの癖に恋愛運最低ってどういうことなの。


にゃんこい! 第8話 炎の個人教授ランナー 7点
 誤解がその場でサラッと解けるってのはにゃんこいだけなんだってば。
 こんなご都合主義を駆使してまで不和を残さず話を消化するのは、もう完全に意図的だと思います。読後のさっぱり感といい、水野の可愛らしさといい、幸せです。
 まあ使い回しとか、相当苦労してるのが見えるのが辛いけど。
 あんまりエロはやって欲しくないんですよね。水野さんたちにはプラトニックであって欲しいよ、ホント。最近は少年誌でも恋愛=エロやろ?
 二次元エロゲー化現象とでも名付けたいくらいエロゲー的に思える。ドリームキャストもエロゲー受け入れて消えたよな? コミックボンボンも最後はエロ路線だったよな?
 まあつまりそういうことだろ。
 健全なドタバタラブコメディとしてのにゃんこい!は本当に貴重な存在かと思われます。
 
関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yukitumoyama.blog109.fc2.com/tb.php/779-d698fae8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。