アクセス解析
レンタル掲示板
山日記 週に一度のアニメ日記
FC2ブログ
プロフィール

山鳥 

Author:山鳥 
SS書いてます。
連絡は★を@半角で。hcv-197-yama★hotmail.co.jp

最近の記事

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近のコメント

Powered By FC2

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSフィード

FC2カウンター

山日記
Key作品の二次創作SSなどを書いてますが主にアニメ。HPもよろしくお願いします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週に一度のアニメ日記
 「微妙ながらなんか最後まで見ちゃった枠」。
 今期はミラクルトレインかテガミバチかな、と思いましたが、やっぱ東京MXが強い。
 書き出しだけ面白いって作品が多すぎるんだよ。


君に届け 第10話 協力 6点
 ひゃっほう! 胡桃沢さんは頭が悪くて最高にかわいいぜ!
 特に申し上げることがない。風早かっけー。
 そうね、恋愛路線に行って貰えるとかなり安心して見てられる。まあベタと言っちゃえばそれまでなんですけど、胃が痛むような場面とコミカルな場面のアップダウンのバランスは、なんというか非常に少女漫画的で、安定して面白い。安定してるってのが絶対的にいいわけじゃないけど。

テガミバチ 第11話 嘘テガミ 3点
 よーやく面白くなってきたかな?
 と思ったけど、最後のアレはちょっとないんじゃないかなと思うよ。
「母親に嘘のテガミを書くだなんてとんでもない!」
 ていうのは、ラグの境遇考えれば理解もできますよ。それはいい。ラグは嘘つかなきゃいい。でも他人には他人の事情があるわけですよ。何でもかんでも本当のことを言い合えばいいわけじゃない。お母さんが息子の嘘を拠り所に生活してたってことも十分考えられるわけですよ。だったら嘘が悪いなんて言い切れないはずで、嘘も方便って言葉もある。
 今回は「本音で語り合いましょう!」という正論を振りかざしてるように見えて、個人的には気にくわない。だいたいそういう正論が当てはまらないのが人間の心ってやつなんじゃないでしょうか。
 まして、今回のことはテガミバチが送り主の意図に沿わないようにテガミの中身を書き換えてしまったも同然で、お母さんが良い人だったからよかったものを。ひょっとしたら絶望して崖下に身を投げたかもしれない。それを恐れて嘘を書いたのかもしれない。そういう想像を無視して「いい話だなぁ」でまとめるのは無理がありますよ。 

 あと、物に込められた心って形で過去を覗き見る能力は、不自然だしなんかズルイし、そもそも話の流れをすごい勢いで止めながら便利な説明を挿入する能力であるから、頻発するとかなり辛いものがある。

 シルベットは可愛いな。シルベット×ラグは萌える。
 ニッチは段々ペット的愛らしさが出てきたように思う。パンツが卑猥じゃないのも高評価できる。

獣の奏者エリン 第48話 リョザの夜明け 7点
 NHKすげー。
 なんかもう書くことない。ヌガン全然出てきてなかったけど、どんな風に生きてきたかどういうわけかよく分かる。
 イアルとキリクの剣舞シーンはヤバイ。
 闘蛇軍の統率力とかヤバイ。戦争はやっぱりこうでなくっちゃな。伝説になぞらえた真王の舞とかヤバイ。これだけ生き生きとした世界が描かれるアニメはそれだけで貴重ですよ。
 残り2話。どんな結末が描かれるか正座待機。

とある科学の超電磁砲 第11話 木山せんせい 4点
 佐天さんに関しては、彼女は人間的に共感できるし、その苦悩の中身も十分同情できるものだったから、電話越しの叫びが涙を誘ったわけですよ。あの佐天さんをこんなに追い込んだのはなんだ! とか義憤に駆られることもできた。佐天さんに関しては、現実に生きてる我々も他人事ではないと言えた。

 しかし木山先生はなあ。
 ジジイ殴り飛ばして止めればいいじゃんとか思わんでもない。ほかの人たちはいろいろ走り回ってるし。
 これだけ酷い実験なら、木山先生以外誰も行動しないってのはふつーなら考えられないんじゃないですかね? そういう世界観と言われたらそれまでなんですけど。でも人の口に戸は立てられぬ。予定通りのトラブルの後で緘口令敷くくらいなら、最初から人選しとけばいいんじゃないですかね? 事故が起きて救急車呼ぶような奴使ったら危ないです。
 このアニメはどうにも、どうでもいいキャラクターを適当に作ってるのが目に付く。
 筆頭が上に書いた通りジジイの行動の不思議さで、さらに「科学の発展には尊い犠牲が」って、そんなダイジョーブ博士じゃないんだからさ。マッドサイエンティストが服着て歩いてるような人間というかw すごい嘘臭い。そういう嘘臭さから、木山せんせいの本当らしさが腐ったように思います。
 「力無きマイノリティ」VS「力あるマジョリティ」みたいな対立構造が意図されているとして、それをやるときに一方だけに肩入れするような書き方をすると、いかにも結論ありきで嘘っぽい。要するにジジイや学園都市が悪いんだろ? という感じになる。
 実験台になった子供ら、マジョリティの代弁者である木山せんせいと同じくらい、マイノリティの代弁者もきっちり描くのが妥当なんじゃないかと思います。お姉さまは今のところ水戸黄門的存在に見えるので、描くならジジイだったかなと。
 描かないなら、お姉さまが悪の科学者を捻り潰す話にした方が爽やかでいいんじゃないでしょうか。

 簡単に言うと、賢しらぶるのか難しいことスルーするのかはっきりした方がいいと思います。佐天さん大活躍希望。

 
 最後の胎児はなんかもう良くわからないので来週に回します。ゲンドウさんが食べてたよねあれ。
 まあ、レベルアッパー周りの設定は面白いんじゃないですかね。アンチスキルが巨悪側とか、わくわくしますよね。相変わらず無能で空気読みすぎだけど。ちょっとは意地見せろよなお前ら。いつの間にかいなくなってるし。初春の手錠とかそんなんはもうどうでもいいです、はい。
 
関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yukitumoyama.blog109.fc2.com/tb.php/785-a3ae5ab0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。