アクセス解析
レンタル掲示板
山日記 ひと月ぶりアニメ日記
FC2ブログ
プロフィール

山鳥 

Author:山鳥 
SS書いてます。
連絡は★を@半角で。hcv-197-yama★hotmail.co.jp

最近の記事

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近のコメント

Powered By FC2

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSフィード

FC2カウンター

山日記
Key作品の二次創作SSなどを書いてますが主にアニメ。HPもよろしくお願いします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひと月ぶりアニメ日記
 見てないわけじゃなかったんですが、リアルが忙しいのとツイッター最強環境ではこうなる。


夢色パティシエール 第22話 約束の絶品スイーツ 7点
 これは8に限りなく近い7点。オッサンとババアは熱いぜ!
 お料理作品のテンプレは、毎回趣向を凝らした料理を作って現実の問題の解決を図る、というものです。大体はそうなってしまうと、料理一つでいつもいつも人間の心が変わってしまうようになる。こうなると「人の心」なんてものが軽く映っちゃうんですよ。つまり食べ物なんかでコロコロ心変わりしてしまうようなものに見えちゃう。
 しかしながら例えば今回の夢パティ。男子寮の管理人さんが、女子寮の管理人を続けたいと考えている奥さんの、思い出のバウムクーヘンを食べたことで若かりし日を思い出し、息子夫婦と暮らすのをやめて管理人を続ける気になった、と言うふうに心変わりする話に見えるのですが、そうじゃない。どういう事かといいますと、バウムクーヘンを食べて初めて「スイーツと管理人というお仕事への愛着」に気づくというものではない。男子寮の管理人さんは、奥さんの考えを全て理解した上で、なお今の仕事を引退しようという話を持ち出しているわけです。しかし、今も変わらない、相手を思いやって作る奥さんのスイーツを食べて、奥さんの気持ちが変わらないことを再確認する。歳月は経って、自分の情熱は薄れてしまったかも知れないけれど、奥さんへの気持ちは変わっていない。そういう話と受け取りました。
 つまり、スイーツによって心が変わってしまうのではなくて、今ある気持ちや、長い年月連れ添ってきて通じる心を、バウムクーヘンは代弁したに過ぎない。主にあるのは人の気持ちなわけです。このバランスが取れる作品は、今にしては夢パティを置いて他に無い。毎週毎週楽しみですねほんと。

ひだまりスケッチ×☆☆☆ 第10話 「5月28日~6月2日 ひだまりパレット」 5点
 9話の酷さは目にあまると思うんだけどどう?
 今週はまあ。髪おろしたノリスケ氏可愛いですぅ@。アニメの吉野屋先生ネタは飽きた。

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 旅立チ・初雪ノ頃 5点
 表情とか良かったです。
 マダムの話と本筋とが連絡ついてNEEEEEEEEE!!!!!!! みたいなことは思いましたが、ババアは好きです。マダムって呼び名の意味が分かる瞬間とか、昔保養地として栄えてたとか、そういう話はちょっと上手いかなとは思いました。
 急にマダムが若返って飛び出して行くのは、なんか「老人性なんとかかんとか症」みたいな反応し難さを感じる演出ですけど、それはまあいいかなと。

 しかし、おばあさんを「思い出がなんとかかんとか」みたいな話をしたいがために出してさっさと殺してしまったという、そんなやり口に見えるところがヘタクソだなあとか思う。大体あんな死に方するくらいなら思い出とかいらんよなってのが素直な感想と言わざる。あれ見てリオ先輩が心変わりするというのもなんかな、ヘタだなあとw
 
関連記事

テーマ:夢色パティシエール - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yukitumoyama.blog109.fc2.com/tb.php/820-f89c1542
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。