アクセス解析
レンタル掲示板
山日記 今期のアニメもそろそろ一周?
FC2ブログ
プロフィール

山鳥 

Author:山鳥 
SS書いてます。
連絡は★を@半角で。hcv-197-yama★hotmail.co.jp

最近の記事

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近のコメント

Powered By FC2

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSフィード

FC2カウンター

山日記
Key作品の二次創作SSなどを書いてますが主にアニメ。HPもよろしくお願いします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今期のアニメもそろそろ一周?
 みつどもえ映んない。学園黙示録映るのに。


世紀末オカルト学院 第2話 文明の到来 7点
 マヤの眼のカットがホラーアニメ風味。こええよ。
 今期の作品で安心して視聴できそうって意味では一番ではないだろうか。
 「ノストラダムスの大予言」なんて馬鹿らしい大風呂敷を広げて、宇宙人の侵略やら地球の未来を救うやら、真面目に描いちゃったら相応の重みが求められる設定を、「オカルト」のウサン臭さで中和してしまってる。この手の出会いで「初めは信じてもらえない」というのはありがちですが、視聴者から観ても全く信用ならないというところまで引き下げるのに成功してるという、これはなかなかすごいんじゃないかw
 未来が見える携帯という怪しげだけど面白いツール(宇宙人のテクノロジーてw)なんかも登場させつつ、それを冗談みたいにバカバカしく説明しきってしまう。でもバカバカしいだけでなくて、真っ当なホラーのノリ、アクションのノリもこなして見せる。このバランス感覚は今期他にないですよ。手帳が光り輝くのは笑うところなのかどうかちょっと迷ったけどな。
 そして、マヤもともすれば単なるツンデレになるところ、ナンバー6がお父さんの研究を貶すと「他人に言われると腹がたつ」と平手を繰り出す。こんなふうな、普通の人間の普通の感情を過不足なく描写できているのは好印象。ドラマとしての期待もできるんじゃないでしょうか。
 このノリが続いてくれたら今期一番もありえるかなと。

オオカミさんと七人の仲間たち 第2話 うそつきおおかみさんと亮士くん 4点
 お伽話というには不良にヒロインがリアルボコられたりしてて「童話的いい話」では全然無いし、キャラクターがお伽話の設定を加味してるかといえば猟師くらいだし。(好意的に解釈するのであれば、「オオカミ」という童話の悪役、ひいてはその影響で絶滅に追いやられようとした狼という存在を下敷きにしたキャラクターってことでキャラが立たなくもないか。)
 やってることといえば、「強がってるけど弱さを秘めた女の子の心を分かってやれるのは俺だけ」っていう「普段はうだつが上がらないけど本気出せばすごい主人公」が「ベタな不良を相手にカッコよさアピールで無駄にぶちのめす」だけではないか。「俺が狩る!」とかワロタけど、いつものあのパターンかと思うとちょっと続きを見る元気がなくなる。肩肘張って見るアニメじゃないんでしょうけど、肩肘張らないで見るにしては殴られシーンとかが冗談じゃ済まない感じがして、どうしたものか。
 ベタな不良が出るのは、キャラの内面とかは求めないでくださいって意思表示に思えて期待値下がる。だってメインキャラだけ特別扱いとかしたくないもんな。黒子さんはおもろいけどな。

生徒会役員供 第2話 時に君はSかMか? 4点
 小ネタ集として作業の片手間に眺める感じになるのかな。下ネタが微妙に面白くないのが残念。下ネタが下ネタ以上じゃなくて、下品にもなってないから眺める分には全然支障がないんだけれど。

黒執事Ⅱ 第2話 単(ソロ)執事 6点
 俺の記憶が正しければ、ランマオとか死んでた気がするんだけど。
 リジーのウザさ健在。顕在。「そのウザさ、原罪」って感じ。
 無駄に環境保護に熱心なセバスチャンさんパネェっす。

屍鬼 第1話 第腐堕話 6点
 ピンクの変な電波が速攻死んで面白かったです。ミステリーにありがちな、「都会に憧れる好奇心旺盛な第一の被害者」には見えなかったよ。
 というかこれはミステリーなんですかね? 隔絶された田舎の、あのすぐに話が広がる閉鎖されたコミュニティの空恐ろしさとか、洋館の人々とか、雰囲気は無理なく作れてるんだけど。田舎を震撼させる怪奇事件ってだけにとどまるんだったら残念かな。ピンクで明らかに浮きまくってる女と、不気味でエグい事件とのミスマッチっぷりが今後のカオスさを演出! と思ったら死んじゃったから、結局どうなるのかはまだ分からんところです。

伝説の勇者の伝説 第2話 英雄と寝ぼけ男 5点
 ガチシリアスなん? それならちょっと続けてみようか。魔法騎士団とかちょっと燃えるじゃん? 展開も焦ってる風ではないし。ほんとに終わるのかどうかはしらん。
 ただまあ、例えばちょっと昔のロリキャラな作画で拷問の真似事とかされても、現代消費社会に産み落とされた歪みが云々みたいにしか見えない。意図された悪趣味なのかもしれないけど、それが面白さに繋がってるかっていったら繋がってないあたり、垢抜けなさを感じる。なんか古いよな。古さがいいといえばその通りかも知れないけど。
 重い話に似つかわしい雰囲気は出てたかな?

祝福のカンパネラ 第2話 竜の世界 6点
 だからこういう甘い世界観は好きなんだって。なにこの人畜無害なファンタジー。ゴーレムとかドラゴンの影とか。ダークネスカオスドラゴン! このPS出たばかりの頃のRPGみたいなノリを僕が気に入らないわけないでしょう。あるいはオンラインRPGか。オンラインゲームのチラシとか眺めるの好きなんですよね。胸キュン。人工生命的人形の養女とかやめてよね。ハーレムにしては主人公が枯れてるのも安定感の一因でしょうか。嫌いじゃないわな、こういうの。
 胸とか股とかアップにするのは雰囲気壊す気もする。 

アマガミSS 第2話 セッキン 4点
 率直に申し上げて、森島先輩がいつ絵画を売り付けにくるか怖いです。リアルな恋愛ってひょっとしてこんなもんなんですかね。ほんとかよ。
 いや、想像するに、森島先輩は飄々と柳に風で、告白されても動じない、主人公を犬と評するのであれば猫みたいな人であり、主人公の愚直な好意が初めて彼女を捕まえる。と、こういう話なのでしょう。
 しかしそれにしても「好意」の裏付けがなさすぎて、恋愛モノとして出来がよくない。そもそも主人公が森島先輩を気に入った理由が「可愛いから」くらいしか思いつかない上に、一回目の告白が失敗してから、二人になにか心境の変化を及ぼすような積み重ねがあったか? というと、図書館の一件くらいしか思いつかないんですよ。だから森島先輩は後輩の男の子ひっかけて遊んでるように見えるし、主人公は往生際が悪いだけに見える。


10

8 世紀末オカルト学院
7 学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD
6 祝福のカンパネラ 黒執事
5 伝説の勇者の伝説 生徒会役員共
4 アマガミSS オオカミさん



関連記事

テーマ:世紀末オカルト学院 - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yukitumoyama.blog109.fc2.com/tb.php/853-0311671f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。