アクセス解析
レンタル掲示板
山日記 神のみぞ知るセカイ 第7話 Shining Star
プロフィール

山鳥 

Author:山鳥 
SS書いてます。
連絡は★を@半角で。hcv-197-yama★hotmail.co.jp

最近の記事

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

Powered By FC2

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSフィード

FC2カウンター

山日記
Key作品の二次創作SSなどを書いてますが主にアニメ。HPもよろしくお願いします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神のみぞ知るセカイ 第7話 Shining Star
神のみぞ知るセカイ 第7話 Shining Star 7点
 光の演出が際立ったお話でした。
 明滅する白色電灯の光と、不気味に落ちる影。会場から空へ向けて伸びる美しい光の帯。そしてステージから望む、暗い会場で無数に輝く小さな星たち。
 この光や色彩といった効果は殆どアニメ限定のもので、見せられた瞬間の高揚感は何物にも代えがたいものがあります。かっ、感動した!

 今までのヒロインは、神さまの事を忘れてしまうことでお別れになったんですけど、かのんちゃんは毛色が違う。
 誰かに見ていて貰わなければ消えてしまう存在、というのは、いつかの糞ゲーのヒロインと一緒。現実のアイドルもまた、偶像ってなその通り常に誰かに認めて貰えないと存在できない。そういう意味で二次元と親和性が強いとも言えましょう。神兄様の言う「彼女はアイドルじゃなく、自分で輝くスターになったんだ」という言葉はすごく綺麗にハマっていてワロタ、じゃなくて、鑑賞してくれる誰かを必要としない、一人間として歩いていけるようになったかのんは、偶像ではなく現実の人間となった。だから神の手を離れていく。
 まあその、「苦悩につけ込む」のが攻略の常套手段であるギャルゲーに対して、苦悩が晴れたらもうプレイヤーは要らないよね、という当たり前な話のようでそういえば殆ど誰もやらなかった。これは一般的なギャルゲーの踏襲じゃない、神のみオリジナルなシナリオだったのかなと。
 
関連記事

テーマ:神のみぞ知るセカイ - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yukitumoyama.blog109.fc2.com/tb.php/878-ac7fd981
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます 【2012/05/06 11:10】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。